社会人になってから「君エチケットがなっていないぞ」と言われてしまいました。

私が社会人1年目に上司に「君エチケットがなっていないぞ」と言われてしまいました。自分ではちゃんとお風呂に入っているしデオドラントを使って気を付けてはいるのですが、上司に直接「臭いますか?」と聞く勇気もなくてその時は「すみません、気を付けます」という事しかできませんでした。その時から少し過敏になってきて夜にお風呂に入っていたのを朝と夜両方入るようになったり、着替えのシャツを持ったりとちょっとずつですが気を付けるようになっていきました。

オススメ情報
脇の匂い情報

自分で気を付けていてもまた上司に臭いの事を言われるのが怖くて周りの人に聞くようになっていきました。自分でちょっと脇の臭いが臭いなと思ったら「ねえ、私臭う?」と脇を人の鼻の近くに持っていって聞いて回るようになっていきました。みんなに聞いても「全然、普通だよね」と答えてくれました。気を使っているかどうかはわかりませんがみんなの言うことを何となく信じれるようになって朝と夜にお風呂に入るのを朝行くときだけにしました。デオドラントは直接塗る物に変えてみました。それから2ヶ月位たちましたが上司からのエチケット注意はなくなりました。同僚や先輩方に相談してみると「あの人はね、ちょっと気に入った人に悪口を言って自分に話しかけて来てもらおうとする人なのよ」と言われて「はあ?」と何とも言えない気持ちになりました。何だか可哀想な人も会社には居るものなんだなと思うようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です